キャッシングのブラックリスト

キャッシングのブラックリスト

キャッシングのブラックリストとは、信用情報機関に記録されているデータの中で、返済が遅れたり返済不可能になった記録のことを指しています。
この信用情報機関には、キャッシング、クレジットカード、銀行などの金融機関が加盟しており融資や返済や返済を延滞した場合記録されます。

 

つまり金融機関同士で顧客の借入状況を情報共有しているようなもので、ローンの申し込みがあった場合には、金融機関は信用情報機関からデータを調べ顧客の借入状況を調べます。
そして実際にブラックリストとして登録されてしまった場合には、金融機関からお金が借りにくくなってしまいます。

 

ブラックリストとして登録されてしまった場合、キャッシングの審査も通りにくくなりますし、クレジットカードに関しても審査が厳しくなってしまいます。
履歴が残る期間は内容によっても異なると言われていますが、目安として自己破産の場合は7年から10年、返済遅延の場合は1年から5年くらいと言われています。

 

しかしブラックリストとして登録されてしまった場合でも、周りの人に気づかれてしまうことはありませんし、日常生活においても困るようなことはありません。
ですのでブラックリストに登録されることを恐れて、借金を積み重ねるようなことがないように注意しなければなりません。