キャッシングの支払いが遅れたときの対応

キャッシングの支払いが遅れたときの対応

キャッシングの支払いが遅れたときの対応はショッピングに比べると厳しいと言えるでしょう。
これはお金を借りるキャッシングの場合、返済不能となる可能性が高いからです。

 

一般にお金を借り入れる契約では、一日でも遅れた場合、「期限の利益を失う」という契約内容になっている場合がほとんどです。
つまり返却が一日でも遅れた場合には、カード会社に全額を一括で請求できる権利があるというわけです。

 

しかし大手の場合には、2度目の引落があるか振込用紙が送付されてくるなどの極めて紳士的な方法が取られます。
そして延滞損害金が発生する場合もあります。

 

通常の利息の場合、お金の貸し借りを行う際に取り決めをしておく必要がありますが、遅延損害金の場合、事前の取り決めを行っていなくても発生することが法定でも認められています。
そして多くの会社では、延滞損害金は上限である29.2%に定めているケースが多いようです。

 

他にも電話の督促や封書による催促、そして個別訪問による返済金の回収も行われるようになります。
そして3ヶ月の延滞と12ヶ月の延滞は、キャッシング審査の情報を蓄積している信用情報会社に事故情報として載せられ最終的には裁判、差し押さえ等の処置になってしまいます。